読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる



道路を走る私

走ってる勢いで手からスマホが飛び
前にポーン
それを取りに行こうと行くと
前にいたおばさんがスマホを取ってくれて

ありがとうございます!お礼を言うと
落とした衝撃で、スマホケース壊れてますね、
スマホケースをあげます

と言われて

ありがとうございます!とお礼を言い、
もらうと同時に
6500円の請求書渡される

私)
くれるんじゃないんですか?6500円のスマホケースなんか買えません!

おばさん)
うるせえ!わたしはこれを生業にして生きてるんだよ!

私は怖くなり、逃げた!
しかし追いかけられる
見知らぬ家に逃げ込んだが まだおばさんが請求書を持って追いかけてくる 家の中まで。
殺されそうだ
( ;  ; )


と思った瞬間隣の部屋からキムタクと香取慎吾か現れて

キムタク)
俺の家なんだけど?

私)助けてください、、私このおばさんに殺される!

キムタク)
あっそ...

おい、助けようよ!なんか冷たいじゃんキム!

わたしはキムタクはヒーローというイメージだったので失望した


と思った瞬間おばさんが私の首を絞めようとした


もうダメだ....



そのとき、


ボッ!

と何か音がした、


隣の部屋を見ると、
キムタクが、香取慎吾に火をつけて、
火だるまになった香取慎吾が横たわっている。

......え!?


次の瞬間、
キムタクがおばさんめがけて火だるまの香取慎吾を蹴り飛ばした

ギャーーーーーー!!!!

火がおばさんに移り、
おばさんは火を消すために火だるまになりながら外に飛び出して逃げた



キムタクが胸のポケットから
クーリッシュを出してそれを香取慎吾に振りかけた!

私は香取慎吾の命が心配だった国民的アイドルだし。

しかし、香取慎吾はいたって元気

こうゆうの慣れてるからさ 火をつけたのがキムタクだったから大丈夫だった

キムタク)
こんなもんよ。 助かってよかったね。

私に穏やかな顔で笑いかけるチムタク




今日の夢の内容 



〜完〜